Web Standards and Technology Study Group to Foster Good Media and Media Literacy in the General Public

良質なメディアと一般市民のメディアリテラシーを支援するWEB標準技術研究会

Web Standards and Technology Study Group to Foster Good Media and Media Literacy in the General Public

良質なメディアと一般市民のメディアリテラシーを支援するWEB標準技術研究会

Period

2020.09.012022.03.31

Academic Lead

Jun Murai

Overview

This Working Group (hereafter WG) aims to research and develop the web standards and technology to foster good media and to build media literacy in the general public. This WG also plans about to cooperate with Reporters Without Borders (hereafter RSF), an international non-profit and non-governmental organization that safeguards the right to freedom of information, and Journalist Trust Initiative (hereafter JTI), a subsidiary body of RSF desiring the development of the regarding technology framework in order to deploy the practical deployment harmonized with standardization to introduce these results to the media and technology industries in the globe, hence to become a core body of related considerations in Japan. As a result of these activities, this WG is going to be expected to contribute the improvement of positive circulation for the media ecosystem to sustain the future society based on the healthy information democracy. The possible agendas are as follows:

 

1. To research and develop a database system which refers to the possible JTI standards to define the measurement and framework on the verification of credentials of publisher as a source of trusted information.

2. To research and develop a database system which works for the verification of credentials of trusted and safe advertiser contributing the information ecosystem including civil society and media industry.

3. To research and develop a software module attached to web browsers which implements an interface of the above-mentioned database systems. It is about to deploy the resolution to end-users that need to clarify the credential and trustworthy of information through the web.

4. To research and develop an improved workflow on the realtime-bidding advertisement system to verify trusted and safe publishers contributing the existed information ecosystem on the internet.

5.To research and develop an improved workflow on the realtime-bidding advertisement system to verify trusted and safe advertisers contributing the existed information ecosystem on the internet.

本WGは、信頼できる情報ソースへの報酬提供が良質なメディア育成を助ける仕組み、及び一般市民が良質なメディアを見分けられる仕組みを提供するWEB技術の研究開発を目的に、技術の確立と標準化を進める。具体的には、国境なき記者団が同じ目的の実現に向けて設置したJTI(Journalism Trust Initiative)という機関に協力し、国際的な成果展開の支援と、それに向けた国内の取組に関する中心となることを目指す。WGは最終的に、情報産業に好循環をもたらし、未来の情報民主主義社会に貢献することを目指す。具体的な活動は以下を想定する。

1. メディア自らが「信頼できる情報ソース」として相応しいかどうかを認識するためのWEBベースのデータベースシステムの研究開発。このWebベースのデータベースシステムは、JTIが開発に着手するしている「JTI標準」と呼ばれる指標フォーマットを参照しつつ、必要に応じた改善を目指す。

2. 情報メディアにおける重要なステークホルダーである広告主自らが「信頼できる広告主」として相応しいかどうかを認識するためのWEBベースのデータベースシステムの研究開発。

3. 前項及び2.の指標を容易に利用できるWebブラウザのモジュールシステムの共同研究開発。このシステムを利用することで、Web上で接触したWebページが「信頼できる情報」かどうかを判断することができる。本システムは、日本を含むグローバルで利用される。

4. 広告主が、RTB広告システムを通じて、広告をインターネット配信する際に「信頼できる情報ソース」とみなされるメディアを選択しやすくする仕組みの研究開発。

5. メディアがRTB広告システムを通じて、広告配信を受ける際に、「信頼できる情報ソース」とみなされる広告主を選択しやすくする仕組みの研究開発。

Project Members

Jun Murai 村井純 Distinguished Professor, Keio University 
慶應義塾大学教授
Tomoya Asai 浅井智也 CTO, WebDINO Japan
WebDINO Japan 最高技術責任者
Tatsuya Kurosaka 黒坂達也 Project Associate Professor, Graduate school of Media and Governance, Keio University
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授
Jiro Kokuryo 國領二郎 Professor, Faculty of Policy Management, Keio University
慶應義塾大学総合政策学部 教授
Shigeya Suzuki 鈴木茂哉 Project Professor, Graduate school of Media and Governance, Keio University
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授
Hidemi Suzuki  鈴木秀美 Professor, Institute for Journalism, Media & Communication Studies, Keio University
慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所 教授
Satoko Takita 瀧田佐登子 Chair of the Board of Directors, WebDINO Japan
WebDINO Japan 代表理事
Yoshifumi Takeuchi 竹内好文 Senior Solution Director, Solution Intelligence Center, DENTSU INC.
株式会社電通ソリューション開発センター シニア・ソリューション・ディレクター
Tatsuhiko Yamamoto 山本龍彦 Professor, Law school, Keio University
慶應義塾大学大学院法務研究科 教授

Announcement / Updates