Medical Inclusion

メディカルインクリュージョン

Medical Inclusion Working Group

Period

2020/9/1 to 2023/9/1

Academic Lead

Jun Murai

Overview

With the spread of the Internet worldwide and the fact that more than half of the population has access to the Internet, human activities have entered a digital civilization. The Internet led to the rapid globalization and digitization of all industries. However, the medical and healthcare system still seems very much localized; there is not enough preparedness. There are not enough guidelines about diseases to be managed globally. Therefore, this Medical Inclusion Project will set up a framework for multi-stakeholder cooperation and proposes the initial concept of a new global medical and healthcare system, ‘Medical Inclusion’, which will be adapted for this digital society.

本ワーキンググループでは、急速なデジタル化とグルーバル化を背景に、デジタル空間での新しい人間の健康についての普遍的なあり方を検討する。
人々の健康に関する分野では、他産業と比較してもデジタル化の流れが遅れており、グローバルでの健康データの安全な情報流通が困難である現状がコロナ禍で明らかとなり、人類の健康的で持続可能な生活の維持と、豊かな未来のために、健康分野のデジタル化とグローバル化への期待が世界的に高まっている。
つまり、2020年現在、世界人口の半数以上がデジタル空間に接続できるサイバー文明に突入し、メディカル、ヘルスケア分野のデジタル化の促進と他デジタル分野と密接に融合した包括的かつ刷新的な健康社会についての新しいビジョンが求められている。
そこで、市民の健康に関する情報が、国家、所属コミュニティ、また、社会的弱者、生活困難者、年齢、ジェンダー等、あらゆるボーダーを超え、グローバルに共通する、デジタル空間での健康への平等についての理念を追求する。
まず、デジタル空間であらゆる産業や場面と融合(インクリュージョン)された健康社会のエコシステムについてのビジョンを分野横断的な議論により明確化し、プライバシーの問題を究明、民間デジタルヘルスケア事業を促進する。次に、実際に次世代健康デジタル社会の指針となるガイドライン、健康データ利活用に関する標準、ビジネスプロトタイプを作成する。

Project Members

Jun Murai 村井純 Co-Director, Cyber Civilization Research Center & Distinguished Professor, Keio University
サイバー文明研究センター共同センター長、慶應義塾大学名誉教授
Kiyoshi Kurokawa 黒川清 Professor Emeritus, National Graduate Institute for Policy Studies
政策研究大学院大学 名誉教授
Isao Nakajima 中島功 Professor, Seisa University
星槎大学 特任教授
Amina Sugimoto 杉本亜美奈 CEO, fermata, Inc.
fermata株式会社 代表取締役CEO
Chris Dai クリス・ダイ CEO, Recika
株式会社レシカ 代表取締役CEO
Peter Franken ピーター・フランケン Executive Director & Co-founder, Safecast Japan
セーフキャストジャパン エグゼクティブディレクター、共同創設者
Hitomi Sano 佐野仁美 Project Researcher, Graduate School of Media and Governance, Keio University
慶應義塾大学 政策・メディア研究科研究員